食事で内臓脂肪を減らす!

内臓脂肪は食事でも減らすことができるので、その方法を紹介します。

 

そもそも、肝臓で中性脂肪が過剰に作られていることから内臓脂肪の値が高くなっているのです。。脂肪細胞に内臓脂肪が蓄積されることが体脂肪の増加が起きる原因なのです。

 

ここで、内臓脂肪を下げる方法を考えてみましょう。やはり最も大切なのは生活習慣の改善で、そのためには適度なサプリメントの摂取、医師による薬の飲用も必要かもしれません。また、内臓脂肪ばかりに気をとられず病気の際は口臭や体臭にも影響が出始めるのでそちらも注意しましょう。ちなみに、口臭の予防におすすめのサプリはローズ系のサプリです。

 

しかし、内臓脂肪を下げるには、毎日の食生活の改善と適度の運動が一番の良薬なのです。それでは、内臓脂肪を減らすための食事とはいったいどんなものなのか?。

 

まずは主食ですが、白米よりも玄米を食べると良いようです。慣れないと味や独特の食感に抵抗を覚えるかもしれませんので、厳しい場合は白米と一緒に食べるようにするといいでしょう。

 

このとき、注意すべきなのは玄米を洗いすぎないことです。おかずには、白身魚がいいようです。例えば、タラは脂肪分も少ないですし、消化吸収もいいとされていますし、ヒラメやカレイといった魚も脂質が低いのでお勧めです。

 

それから、きのこ類なども老廃物を排出してくれる食物繊維が豊富なのでお勧めの食材と言えます。また、きのこ類は生活習慣病の予防にも繋がるので、日々の献立に取り入れるといいでしょう。

 

カテキンが含まれているお茶にも、内臓脂肪を減らす働きがあるという研究結果が報告されています。更にお茶には、トクホのCMでもお馴染みの脂肪吸引の抑制、コレステロールの上昇を抑える作用、腸内環境の改善といった働きもあります。これら紹介した食材を使った食事をなるべく摂るようにするといいでしょう。