総合頭髪治療の方法

薄毛の原因を個人によって特定し、ケアしていく総合頭髪治療では、まずカウンセリングが行われます。

 

医療機関によってはカウンセリング代を無料にしているところもあるので、まずはカウンセリングだけでも受けてみるとよいでしょう。

 

カウンセリングでは、髪の状態などを相談する他、治療内容や治療費などについての説明を受けることになります。

 

また、治療が完了するまでの間は医療用のかつらを使用していればなんら問題は無いとも思いいます。ただ、気になる情報としてかつらは保険が適用されるのか心配ですよね。

 

最近のニュースでかつらが保険適用する!という話もあったので今後に期待です。

 

納得して先に進むことになったら、いよいよ初診です。

 

初診では問診が行われますが、これにはカウンセリングを受ける前に記入した問診票が参考にされます。

 

カウンセリングが無料だからといって、問診票をおろそかにしないようにしましょう。これまでどんな病気をしたことがあるか、アレルギーはあるか、また毛髪に関して疑問があればちょっとしたことでも記入しておくことです。

 

カウンセリングを含めた初診には、2時間くらいを見ておいたほうがよいでしょう。初診では、頭部を撮影したり、毛髪や頭皮だけでなく身体全体の健康状態を診断されます。

 

また、医薬品を使っても問題ないかを調べるために、血液検査も行われます。検査は他にも、毛髪ミネラル分析、遺伝子検査などが行われることがあります。

 

毛髪ミネラル分析は食生活や生活習慣の調査に、遺伝子検査は男性型脱毛症が遺伝によるものでないかの調査に必要です。

 

諸々の検査は、診察代に含まれている場合と含まれていない場合とがあります。あらかじめ、検査に別途費用がかかるかどうかを確認しておくようにしましょう。

 

検査結果と処方薬をもらえるのは、次回の診察のときになります。大体、一ヶ月おきに診察に通って経過を見ていくというのが流れのようです。

 

もちろん医療機関によって細かな点に違いが出てくるでしょうから、カウンセリングや初診の際に自分に合わないと感じたら、別の医療機関を探すことをおすすめします。