何が原因で白内障になるのか

何が原因で白内障になってしまうのでしょうか?

 

白内障の多くは、活性酸素によって目が老化をしてしまうことが原因となってしまいます。活性酸素が多く体内に蓄積されてしまい、目が酸化をしてしまい、老化をしてしまうことになるのです。

 

ですから、目が酸化をしないようにして原因を作らないようにすることが大切になるのですが、どうやればいいのでしょうか?

 

まず普段の食事で抗酸化効果のある成分を摂取するようにしたいところです。貴方はルテインといわれる成分を知っていますか?ルテインを摂取することによって、目の参加を予防しやすくなるといわれています。

 

ブロッコリーやケール、ホウレン草などといった野菜にルテインが豊富に含まれていますから、普段から食べるようにしてルテインを摂取しておきましょう。

 

普段からルテインを摂取している人は、摂取していない人よりも白内障になってしまう確率が50%も下がるのだそうです。

 

白内障の進行が進んでしまうと、何も見えなくなってしまうことだってあります。ですから、白内障を発症しないようにするためにも、普段からしっかりとルテインを摂取することが大切です。

 

最近はルテインのサプリメントも発売されていますから、サプリメントも上手に服用するといいでしょう。