食品でグルコサミンの含有量が多いのは?

普段から食事やサプリメントなどでグルコサミンを取り入れるようにしておけば、リウマチや関節痛の予防をすることも期待できますし、現在リウマチなどになっていても、症状を緩和させられるようになるかもしれません。

 

そのグルコサミンの含有量が多い食品として挙げられるのは、おぐらや山芋のようにねばねばした食べ物となっています。ねばねばした食品というのは、グルコサミンだけではなく、コンドロイチンも含まれているので、効果を高めやすくなっているのです。

 

なぜならば、このコンドロイチンにも関節痛の痛みを緩和させる作用があるからなのです。

 

リウマチや関節痛に悩んでいるのであれば、山芋やおぐらのようにコンドロイチンとグルコサミンのどちらも含まれている食品を普段から積極的に食べるようにするべきです。

 

フカヒレやうなぎ、鶏皮、軟骨などにも、豊富にグルコサミンが含まれています。中でも軟骨というのは、グルコサミンだけではなくコラーゲンも含まれていますから、美容にも効果が期待できます。美容効果も高めたいと思っているのであれば、軟骨も普段から食べるようにしたほうがいいでしょう。