乳がんでも痛みがある場合もある

乳がんになってしまっているとしても、痛みを感じることはほとんどといっていいほどありません。

 

中には痛みを感じるということもあります。胸が痛いから病院で診察をしてもらった結果、乳がんが発症してしまっていたという事例は実際にあるのです。

 

生理前後になると、女性ホルモンの分泌量が増えて、胸が張った結果、痛いと感じる場合もあるのですが、この場合は乳がんの痛みではありません。特に生理前に胸が痛いのであれば、生理が原因である可能性が高いです。

 

また、生理前ではないのに強めの痛みを感じる場合は、乳がんではなく、乳腺症になっているケースのほうがはるかに多いのです。

 

これ以外に、乳房を針で刺されているような痛みを感じているのであれば、乳がんではなく、帯状疱疹の可能性があります。

 

この帯状疱疹は、少しずつ水泡が作られてくるので、自分でも帯状疱疹になっていると確認をすることもできます。

 

ただ、かなり痛みを感じますので、乳がんではないとしても病院で診断をしてもらって、適切な治療をしてもらいましょう。

 

胸に痛みを感じるけど、乳がんなのだろうかと不安なのであれば、すぐにでも乳腺外来に行って診察をしてもらいましょう。

 

しっかりと検査をしてもらって、乳がんではないのであればそれだけでも安心することができるでしょうし、仮に乳がんだと診断されたとしても、早期治療をしていけば感知できる確率がそれだけ高くなっていくのです。