ブルーライトが招く病気はなに?

ブルーライトが原因で引き起こされるのは目の疲れなどといった目への影響だけれはありません。パソコンはスマートフォンは現代においてどうしても使わなければいけないものだからこういう事はしょうがないと侮っているとおそろしいことに。

 

ブルーライトをずっと見続けてしまうと、目からはじまった影響が結果的には体全体の不調を起こすことになり、目を通りこして体にまで異変がでてくるおそれがあるのです。まだ記憶に新しい金環日食。絶対に裸眼で見ないように、専用メガネをかならずかけるように、と散々アナウンスされていたにもかかわらず、裸眼で見つめてしまって目を痛める人が続出しました。あれも実はブルーライトが原因だと言われています。ブルーライトは甘くみてはいけないのです。

 

ブルーライトによる人体への影響はまだ研究段階ではあります。しかし例えばブルーライトを発しているスマートフォンやゲームなどを就寝直前まで見つめることによって睡眠障害に陥ります。この睡眠障害が長引くと、うつ病などといった精神病が誘発されてしまう事があります。

 

更に目には加齢黄斑のようなものが現れてくる可能性もあります。さらにそれが子供だった場合、子供は大人に比べると目の水晶体の濁りがすくなく、大人よりもダイレクトにブルーライトをうけてしまいます。子供が寝る前にずっとゲームをしてしまうならば、注意が必要です。心配であればブルーライト軽減効果のあるフィルムを貼るといいでしょう。